top of page

和泉屋本店様:お漬物の写真撮影&ECサイト制作

更新日:2023年10月20日

〜美味しいお漬物を世界中に届けたい〜

南蛮ごぼう漬

茨城県にある「和泉屋本店」様は、明治四年創業の150年以上も歴史あるお漬物屋さんです。


野菜の発酵に関する伝統的技法で日々改良と研究を重ね、より良い商品づくりを目指して常に上質なお漬物をご提供してくださいます。


従来お写真はご自身で撮影されていたのだと思いますが、このたびインターネットを通じて「撮影ドットネット」を知っていただき、「イメージ写真」の撮影をご依頼いただきました。


〜お漬物の写真撮影〜


早速撮影を始めていきます。お漬物の写真撮影ですが、最初は4種ほどテストで撮影を行い、お客様に仕上がりをご納得いただきながら他の撮影も順次進めていきました。


きゅうり、ごぼう、らっきょう、にんにく、きゅうりなど、撮影後に我々スタッフも商品をごちそうになりましたが、本当に美味しくて、ご年配の方々だけでなく若い人や外国の皆様にもきっと満足頂けるような商品だと思います。



仕上がりのお写真を大変気に入っていただきまして、そのままパッケージの撮影も新調いたしました。お店の雰囲気を壊さないように淡い背景をつかって優しい写真に仕上げました。



撮影ドットネットのメリットは撮影したお写真がWebから印刷まで幅広く使用できることです。撮影スタジオによってはWebで使用する場合と印刷で使用する場合と金額が変わってくる場合がありますが、基本的に「写真を撮ることは同じ」であり、高品質・高画質だからといって撮影料金が高くなったり、Webで小さく使用するだけだから安かったりするべきでは無いと考えます。重要なことは「売れる写真であるか」ということです。


我々のミッションは、お客様が使用する条件だったり使用方法だったり、それをヒアリングして撮影に望むことで、より良い写真に仕上げ、お客様の販促に貢献し売上を上げることです。そのために重要なことは「お客様だけでなく商品を買うエンドユーザー様にまで“欲しい”と思わせる写真を提供すること」だと考えます。


▼撮影したカメラマンのコメント

たくさんの種類のお漬物のイメージ写真を撮るにあたって単調な写真にならないように、お皿などの小道具で差別化を図りながら、それでもお客様のお店として統一感が出るように心がけて撮影しました。リアルタイムで撮影を行いながらお写真をチェックしていただきましたが、意思疎通もちゃんと出来てスムーズに撮影も進行できましたし、気に入っていただけましたのである程度お任せ頂けたのも嬉しく、やりがいのある撮影になりました。


 


撮影がひととおり終了し、お客様とお話をしていた時に「ECサイトを立ち上げたいのだが・・・」という話題になりました。



〜Webは難しい〜


お客様は以前にも「ホームページ」を制作するにあたってWeb制作会社にご相談したことがあるそうですが、そこで「コスト」と「技術」の面で壁にぶつかってしまったそうです。


ホームページを制作するには「Web制作会社」にご依頼をするのが通常の流れですが、とにかく横文字ばかりで難しい単語が並びます。「html」「CSS」「アクセス解析」「コンバージョン」「インプレッション」「CPC」・・・・Webの世界がわからない方にはちんぷんかんぷんです。


ほとんどの方はホームページを開設する目的は「自社を知ってもらうこと」「商品を販売すること」つまり「売上を上げること」のハズが、業者に依頼をすると、それ以前に難しいお話ばかりをされてしまい、最終的に非常に高額なお見積りをもらってしまって途方にくれることが多いようです。


写真もそうなのですが、クリエイターというのはどうも「技術」が前に来ることが多く、本来の目的をわかりやすくお客様にお伝えすることが出来ない事が多いように思います。もちろん、ちゃんとした会社がほとんどなのですが、わけもわからず依頼をしてしまって、コストばかりがかかって結果が出なくて頓挫することも多いように思います。



〜目的にあわせて最小限の予算で始めよう〜


もちろん、弊社でもWeb制作をお受けすることは可能ですが、お客様には「まず低コストで始めてみよう」ということでご提案したのが「BASE(ベイス)」です。香取慎吾さんがTVCMを行っていたので、なんとなくご存じの方も多いと思います。



BASEは誰でも簡単にネットショップが始められる、オールインワンパッケージのクラウドサービスです。他にも「STORES」「Shopify」などがあります。機能的に充実していて将来の拡張性などを考えるとグローバル展開できる「Shopify」が個人的にはオススメですが、「初心者であるお客様が開設してから商売を始めても比較的かんたんに運営できる」ことを加味すると「BASE」か「STORES」が良いと思います。


もちろん、コーポレートサイトというわけではないのですが、ECに特化して簡単に操作できるBASEは使いやくすくてお客様ご自身で色々仕掛けが行えたりするという意味でも、「経験値を積む」には最適です。


ホームページは「生き物」です。業者に作ってもらって開設しても、放置しておいたら何も起きません。物が売れることもありません。何より目的は「商品を売る」ことなので、商品を販売するお客様自身がECサイトに慣れてしっかり運営していく必要があります。


私たち「撮影ドットネット」は、お客様の成長の手助けになるためのささやかなサポート側に回ることが大事だと考えます。BASEにはすべてが揃っており、私たちは「最初の手助け」として開設に向けたサポートと初期デザインを行うだけなので、非常に低コスト・短納期でECショップを開設することが出来ます。


実際、「和泉屋本店」さまのECショップに関しては、撮影から1ヶ月もかからない時間でECショップを開設しました。


Web制作会社にご依頼をしてこれだけの短期間で必要なコストだけでECショップを開設することは恐らく出来ません。撮影ドットネットが写真だけではなく、レタッチ・デザイン・Web・印刷までALLサポートサービスが行える利点でもあります。


 


和泉屋本店ECショップA4チラシ

さて無事にECショップも開設しました。丁度開設日に展示会が開催されたとのことでしたので、それに合わせてチラシも制作しプレゼントさせていただきました。QRコードを入れることでECショップにアクセスを行っていただくことが狙いです。


和泉屋本店様は成田空港にも近い立地条件から、海外のお客様にも興味を持っていただくことが多いようです。


日本の文化である美味しい「お漬物」は、海外の方にも新鮮ですし。ぜひ味わっていただきたいですよね。


そのため、ECショップには「英語表記のページ」も作成し、「漬物」「発酵」技術についての詳細と歴史を掲載しました。


ECショップの開設により、日本全域に、もちろん世界にも情報を発信できることろがWebの強みです。地方の小さなお店であっても、多くの皆様に美味しい「お漬物」を届けることが出来てしまうのが一番大きなメリットであり、リアル店舗にはない醍醐味です。

和泉屋本店A4チラシB
.pdf
ダウンロード:PDF • 3.53MB

だからこそ、大事なのは「写真」なのです。


ECは直接商品を手に取ることも試食することも出来ません。エンドユーザー様にそのお漬物の美味しさを知ってもらうために一番説得力があるのが「写真」ですよね。見るだけで「美味しさが伝わってくる」必要があります。


とても重要な要素であり、撮影ドットネットがなぜ写真にこだわるのか、カッコよく撮るだけではダメなのです。お客様としっかりヒアリングし、ご依頼いただいたお客様にも、その先にいらっしゃる「商品を購入するお客様」にも、その想いが写真で伝わらないといけないのです。


 


〜Webは開設してからが重要〜


さて、これで一旦弊社のお仕事としては一段落です。無事全てのご納品を行いました。


が、重要なのはここからです。


ホームページを開設することはそれほど難しいことではありません。問題はこれから「どうやって多くの方に知っていただき、お漬物を買っていただくか」です。


ECショップの難しいところは、実はここから先の「宣伝」です。宣伝を行わなければ開設しても誰も知らないのでサイトに訪れてくれることはありません。サイトに人が来なければ商品が売れることもないし、ましてや「口コミ」も広がっていくことはありません。


撮影ドットネットはインターネットを通じて15年以上もビジネスを展開し、ネットから4500社以上のお客様を獲得した経験があります。


和泉屋本店様とも一旦お仕事は一区切りしましたが、これから先の「運営」についても様々なアドバイスやサポートを行ってまいります。


大事なのは「写真を撮ること」「ECショップを作ること」ではなく「販路を拡大しお客様の会社が成長すること」なのです。



▼お客様のお声


今まで何年ものあいだ、「ホームページを作りませんか」という営業の方が直接お店に見えたり、お電話でご説明頂いたり、本当に何度同じ話をしたかと思い出します。
私たち比較的小規模な事業者がやりたいことは、「お店の紹介をする」、「商品を売りたい」、「お店の広告等をつくりたい」、「安価な価格でホームページを維持したい」この4点に絞られます。しかし、実際にホームページの作成の話が進むと、制作費用が数百万円とのお見積りを毎回頂いておりました。大きな会社であればそれなりの価値はあるのかもしれませんが、私たちにとっては「費用対効果が見込める話」ではなく、とても手を出せないお話でした。
しかし、実際にそれらの話に乗ってホームページを制作した方もたくさん知っておりますし、そこで、問題が発生していたことも知っております。写真の質感が良くない写真を使っているために、大変なお金をかけているにも関わらず、完成したホームページが安っぽく、かえって会社のブランドイメージを下げているのでは?と思うような事も起きておりますし、制作費用およびランニングコストが高すぎて嘆いている方も多数知っております。つまり、実際問題として小規模事業者にとっては、世間にあるホームページ作成のお話はまず現実的ではなく、継続的に維持し続けることも負担になっているということが実情です。
そのような中、撮影ドットネットさんに商品撮影を依頼させて頂くなかで、商品の撮影技術が極めて高いことに感動し、また、ホームページ作成のお話が偶然にも登場し、私たちの悩みをまさに解決してくださるご提案を頂きまして、初めは大丈夫かなと心配なところもございましたが、完成したホームページは必要な情報をすべて掲載して頂き、さらにお客様がお買い物もできる、そして、見た目の質感が現代的で古臭くなく、質感が高い。まさに、必要十分以上な完成度で、制作費用も極めて安く、ランニングコストはさらに安い、簡単な編集なら自分でもできる。これには大変驚きました。いままで、私が数十回にわたって聞いていた話は何だったのかと思います。
ホームページが完成し、まず変わったことは、大口取引先であるスーパーのバイヤー様との商品情報交換がスムーズになり、商品の注文が大幅に増えたこと。お店の信頼度が増したこと。そして、今の時代に対応できるお店になったこと。B to Bの取引が早く正確にスムーズになったことです。今後は、B to C のお取引もECを使って増やせていけたらなと思っております。
撮影ドットネットさまによる商品撮影からホームページ作成まで、弊店にとりましては今回の1歩はとても大きな1歩となりました。心より感謝申し上げます。
150年前の創業当時からの歴史と伝統をこれからも守り続け、美味しい商品を現代のツールを利用し、お客様にお届けしてまいりたい所存でございます。

何度もお伝えして恐縮ですが、私たち撮影ドットネットは「お客様の事業が成長するための手助けとなること」です。お客様の成長が信頼となり、長く安心してご利用頂けることに繋がります。写真を撮ることだけを目的とした撮影スタジオは多々あると思いますが、それがお客様の「売上」に繋がらなければなりません。そのために必要なことを、撮影ドットネットはサポートしています。コストとスピード、そしてトータルサポートによる「販促広告の総合コンサル」が撮影ドットネットの強みです。


これからも「和泉屋本店」様の成長を見守りながらサポートを続けさせていただきたいと思います。


ご利用ありがとうございました。


 


Comments


bottom of page