Amazon Go

2016年12月11日  |  投稿 : 渡邊和仁

先週話題となったAmazonが始める新しいショッピング革命「Amazon Go

非常に面白い試みで、今まではレジに変わる「セルフレジ」で効率を図ろうとしていたリアル店舗に対してまさかの「チェックアウトレス」、レジを無くしてしまおうという、一気にワープしたかのような仕組みです。

いわゆる「オムニチャネル」「IoT」という考え方に基づく延長線上にあるのですが、スマホがあれば技術的には難しくはありません。

そのため日本でもかなり近い将来同じ仕組みに変わるでしょう。

テレビなどでも大きく取り上げられていますが、コメンテーターは「将来コンビニから店員がいなくなる」とか、「コミュニケーションがどんどん無くなっていく」とか言ってましたが、ちょっと違うと思います。

現在、日本の小売店ではかなりの「人手不足」になっています。が、だからといって人件費の投資はできません。各大手GMSは売上が決して良いわけではないからです。つまり低価格化や物販の多様化で物が売れなくなり、売上が伸び悩んでいるにもかかわらず、手間は減っていないために「無人化」「オートメーション化」は必須であり、その典型的な部分が「レジ」になるわけです。

Amazonの試みはこの「レジを無人化」することで、大幅なコスト削減を実施したいわけです。売れない時代にどうやってコストを落とすか。それを「Amazon Go」は明確に新時代の幕開けのように世に示したのです。

テレビで「コミュニケーションがなくなる」と言いますが、レジでコミュニケーションなんて行われていますか?行列ができ、人件費がかかり、効率が悪い仕組みは、ビジネスとしてメスを入れる部分です。また、コンビニは防犯の意味から店員をゼロにする訳にはいきません。

つまりは、この仕組は「コンビニ」ではなく、大手GMSこそ手に入れるべきだと考えます。


更に重要なのが「情報収集」です。

これ、「レジの無人化」に目が行きがちですが、Amazonの目的は実は違います。

それは既に「TUTAYA」や「WAON」など、どこでもやってることですが、「顧客情報を収集する」ことが最も重要なファクターです。

ユーザーが「Amazon Go」にチェックインして買い物をします。カードも人も不要で、ユーザーが移動して買い物をするだけで、「誰がいつ、何処で何をどれくらい買った」という情報が、全て自動でAmazonは手に入れることができます

これがどれくらい凄いことで、他社にとって脅威であることは一目瞭然です。

Amazonはこの「ビックデータ」により、全てのエリアの顧客の行動を手に取るように知りうることになり、それに合わせて「何処にどんな商品を配給し、どうやって店舗毎に効率的な商品を販売すればよいかを、全てオートメーションで手に入れることができるようになる」のです。

「T−Pointカード」は、それを行いたいがために多くの別店舗とポイント提携し拡散してきました。他のカード類も同じです。ユーザーに対して「こちらでも便利に使えるようになりました!」と言っていることは、全て彼らにとっては「有益な顧客情報を手に入れるための手段」なわけです。そのためにポイントをつけ、拡散し、カードをユーザーに提示させるようにして浸透させようとしてきたのです。

ところが「Amazon Go」が実際にフル稼働してくると、ネット本来の「Amazon」と、「Amazon Go」が連動し、ユーザーのありとあらゆる行動情報が手に入り、各ユーザーは知らず知らずのうちに情報をコントロールされ、自分の身近な店舗とネットが融合された上で、自分の欲しい情報と商品を知らず知らずのうちにAmazonから提供されるようになり始めます。

この利点が各ユーザーに浸透した時、GMS,コンビニ、ネットショップなど、ありとあらゆる販売会社がAmazonにひれ伏すようになる可能性があります。


Amazon Goが日本に上陸すれば、ユーザーはとてつもない便利さをごく自然に受け入れることになるでしょう。

そうするとどうなるか。

何もかも今まで当たり前だった事が当たり前じゃ無くなる時代が来ます。

この仕組みは、近年あまり感じたことのない大きな革命になることでしょう。

それまでに従来の仕組みをどのように切り替えるか。

各販売業界は飲み込まれるまえに考える必要があります。

それはもう、遠い未来のことではありません。


全 1 件中 1 ~ 1 件目を表示


お問合わせ・お見積もりはこちら

お問い合わせフォーム

メーラーを起動する

電話番号 052-522-4410

ご利用ガイド

  • 初めての方へ
  • お支払い方法
  • ご利用方法


サイト内検索

インフォメーション



▲PAGETOP