7月のPt.1に引き続き、CSS Nite LP30「直視しない人が多いけど、軽視できない仕事とお金の話」Pt.2に参加してまいりました。台風の影響も少なく、多くの方が参加されてました。

Webのクリエイティブセミナーを中心とした講義が多い中、今回はちょっと特殊な内容です。いわゆる「お金」と「会社経営」に関わる話なので、参加者の殆どは「フリーランス」「経営者」または私のように「それに近い」ポジションの人の為の内容です。そのため、現場の作業に携わる人には難しすぎるかもしれませんが、将来独立するのであれば参考になったのでしょう。ただ、「経営に近い」人のほうがより深く理解できるのと、「学ぶ」というより「共感する」という気持ちのほうが強くなります。

そういった意味で参加することには大変意義がありました。

今回の登壇者は以下の皆さんです。

仕事が生まれるメカニズム、ビジネスを継続していくチカラ

鷹野さんのお話はいつもわかりやすい。その中で今回は特殊な「お金と仕事」というテーマをご自分の活動を交えてお話いただきました。ワークショップなどを交えながらも、特に「会社を継続していく上でのバランス」に関してポイントとなりました。

仕事は欲しいけれど、抱え込みすぎるとパンクするし、選ぶ余裕もなければお金を回してく上でも「目先」と「未来」とが交錯する。とても重要な事だけれど中々そのバランスが難しいですよね。

中小企業が会社を育て、経営を安定させるためのお金との向き合い方

自分が三重出身のため、野田さんの大阪弁トークは安心しますw。「お金とあきない」ってテーマで、よりリアルに印象に残ります。 普段営業として、また、会社経営の数字を見ているので、難しいけれど凄く面白くて勉強になりました。入ってくるお金と出て行くお金のバランス、鷹野さんの内容とリンクし、普段中々聞けないであろう内容、そしてこの話を会計士から聞けば「ちんぷんかんぷん」になるところを野田さんの大阪弁絶妙トークでカバーしていただいた感じですね。

売上はあるのに現金がないとか、会社のお金の動きはとても複雑です。行き当たりばったりの経営にならないためにも、非常に重要なお話を聞くことが出来ました。

もうWebサイトは作らない。

今回、最もエキサイトしたセッションでした。

我々の業界で「お金と経営」の話をすれば、行き着く先は皆同じ。経営者なら誰もがわかっていることを若いうちに気づき、逆にそこから他人とは違う切り口で新しいビジネスへと脱却した彼の手法は、成功例だけ聞くと「なるほどなるほど」と感じるかもしれないが、実際には誰も簡単には真似できない事であり、業界に携わる経営者なら「わかるけどベクトルが違うなぁ」とおもった人も多いのでは無いだろうか。

「ビジネスに気付くチカラ」というのは、とても大事なことであり、発想力の転換やユーザーの目線になること、さらに周りの状況や声に耳を傾けながら「なるほど、そうゆうことね」と言った「発想を育てる」という感覚が必要になると思う。後から聞けば「すごい!辻褄が合ってる」って思うことも、実際のリアルなアプローチの時点では中々人は気づかないものだ。彼のこれから手がける「執事の館」の発想からアプローチを聞いてて思いました。

セミナー後の飲み会でも「失敗談」や「検索へのアプローチ」を聞いてますますおもしろくなったので、名古屋で是非一緒にメシ食いながらお話をしたいと思いました。

「時計 修理 名古屋」と「ロレックス 修理 名古屋」の違いが「解る」か、「解らない」か。ここ最も重要でした☆

1997年、27歳の時に起業した、アンティーというWeb制作会社の話

中川さんのお話、初めて聞きました。話し方も上手いし、引きこまれます。「俺達は絶対に負けないぞ」とか「絶対に達成してやる」というパワーが彼の会社を動かし、今に至ることがよくわかります。また、経営者の視点でみる「社員」「お金」「教育」「クライアント」も、わかりやすくて納得しました。我々の業界のこれらに関わる苦悩がリアルに伝わってきます。

ただ、参加者全員が「出来るか」というと無理でしょう。タイトルにあるように「アンティーというWeb制作会社の話」であり、そこにある苦労、アプローチ、経営手法などは中川さんだから出来ていることでしょうし、生半可じゃないと思います。特に「価格競争に巻き込まれたくない」のはだれでも同じですけれど、そのために「何を選択」し、「何を強くするか」というのはわかっていても中々出来ないことです。それを「フリーランス」ではなく「企業」として行うことはなおさらだと思います。

お金は「稼ぐ」より「使う」?!〜感動のチームビルディングと未来への投資

志水さんのお話、とても楽しみにしていました。我々の業界は「5人で行う」ことと「10人で行うこと」また、「30人で行うこと」は全然違っていて、チームとして機能させるのがとても難しい業態です。タービンさんはそこに凄く長けていて社員全員が同じ場所を見ているとすごく感じます。

しかし今回は、そんな志水さんも起業してから今まで、決して順風満帆ではなかったことを赤裸々にお話いただきました。それは他の講師の皆さんとも通づる共通の問題も含み、長く経営に携わっているかたであれば非常に「共感」した部分でしょう。

それでもポジティブに、「失敗・停滞」から「成長」へステップアップしているのは素晴らしいと思います。「何に投資するか」という重要なポイントと、中川さんにも通じる「仕事を選ぶ」という事、そして野田さんに通じる「ヒマを作る」ということ、会社が成長するために必要なことを最後のセッションとして存分にまとめていただきました。

彼の話を聞いて、それぞれの方が自分に置き換え「共感」「納得」「わかってるからこそ私はこうしている」といった様々な想いが浮かんだのなら、今回の「お金と仕事の話」は成功だったのではないかと思います。

そして懇親会→朝まで討論会へw

その後の懇親会では中居さんとも裏話が出来ましたし、志水さんと志水さんの奥様とも苦労話をお聞きすることが出来ましたし、LP28でお話された森田雄さんとも初名刺交換を行いつつ、さらに深い話、セミナーの感想やセッション中に中々話せなかった本音トークも交えながら楽しい時間を過ごせました。

今回非常に勉強になったのは、セミナー内容うんぬんよりもそれぞれの経営者がそれぞれの立場でどのように会社を育ててきたか、そして今、何を感じているかを聞き、そして「納得」「共感」出来たことが大きかったです。この辺のたぐいのお話は経営者であれば「知ってるよ」ってことばかりなんだと思います。だからこそ「それじゃなんでわざわざ参加したの?」ってところがポイントなんでしょうし、まぁ私は経営者ではないので逆に非常に勉強になったのですが。

ホントはもっともっと深い話だったのですが、基本非公開セミナーだということですので「さわり」だけでスミマセン。

鷹野さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。
中居さん、志水さん、ありがとうございました。また名古屋を盛り上げていきましょう☆



東京九段下で開催された「CSSNite LP28「仕事とお金の話」」に参加して来ました。
CSSNiteは主にWebに関わるクリエイターのために定期的に開催されているセミナーで名古屋でも何回か開催されているため私も何度か参加したことがあるのですが、今回は「仕事とお金の話」ということで我々のビジネスに敏感に関係する深い話となるため、参加費も敷居が高く、よっぽどの意識を持った人しか参加でいないであろうセミナーでした。

私はお知らせを頂いたときから登壇する方々のラインナップを見ただけで問答無用で参加表明していましたが、実際に参加してみると約200人もの参加者で埋め尽くされていてびっくりしました。


オープンに出来ないので画処理してます。ごめんなさい。


わらしべ長者のすゝめ:ロフトワーク/林千晶さん

林さんのセッションを初めて聞いたのは数年前の名古屋でWCANというセミナー。初めて聞いたとき一瞬に虜にされ、その話し方の旨さと伝えることの旨さ、自分の夢、想い、表現力の旨さに感動したものです。

その後、林さんがfabcafeを立ちあげ、3Dプリンターの絡みで私のお客様と連携する機会があり、少しばかりの縁を感じながら、またいつか一緒にお話をしたいと思っていました。

林さんのセッションは起業してからの今までの経緯と、私達が仕事としているものの「価値」、単純な仕事のやり取りだけじゃなくて「クライアントはなぜそれを欲しているのか。何をやるかではなく、何でそれをやるのか」を真剣に考える事が重要と話してくれました。

「私達の可能性を広げてくれるのは自分ではなくお客様だよ」

心にとっても響きます。キレイ事のように聞こえる人もいるかもしれません。
でも、この気持ちなくしてクリエイティブに携わることはできません。

相手と一緒になって考える。一緒に学び、一緒に育てる。
それが「わらしべ長者」のように価値を越えていくんだと。

自分の想いと果てしなくリンクしていくので、これを聞きに来ただけで満足感でイッパイでした。

懇親会の時にもっとお話したかったのですが、途中で退席されるということで
帰り際に足止めして少しお話させて頂きました。

彼女の凄いところは誰にでも一生懸命で、真剣に目と目を合わせて話をしてくれること。
そして共感し、話を広げてくれること。
そりゃ誰からも愛される魅力的な人であるわけだ。。。って思います。

彼女の色々なお話を自分の糧にして次に進みたいなって感じました。


もっともっとたくさんのことを話してくれたんだけれど、ブログで書けるのはこれくらいなんですよー。ごめんなさいっつ。


他の講師の方のお話はまた次回!


AppleのMap

2012年10月2日  |  投稿 : 渡邊和仁

Appleが新しく発表したiOSに含まれる「マップ」が、全世界中で苦情の嵐を受けている。
Apple CEOであるTim Cookが、この件について公式に謝罪している。

マップについてのTim Cookからのメッセージ

確かに、情報量が圧倒的に少なくて、間違っている情報も多く、Google Mapsの重要性を改めて思い知らされるのも確かだ。

ただ、冷静に考えれば、新しいものに不平不満はツキモノだ。それを一企業が全世界のマップを世界同時にアップデートしたのだから無理もない。問題は未完成のものをいきなり「デフォルト」にしたことだ。

それをTimは謝罪し、堂々と「暫くは他のアプリを使ってくれ」と言ってのけたのだ。


なぜAppleは、この「マップ」をGoogleから自社のものに切り替えたのか。

実は先日の休みの日にロケ撮影があって、知らない場所にiPadのマップを使ってルート案内をさせたのだが、正直言ってとても驚いた。


確かに、音声ガイドなんて聞けたもんじゃない。
だって、「国道」を「くにみち」って呼ぶくらいなんだから。www

けれど、目的地へ最短ルートで時間にも正確に案内してくれたのだ。
ルートはまったくズレないし、GPSの精度もマッピングも素晴らしい出来。
車が通れる道と通れない道をちゃんと認識しているようだ。

そしてなんといっても美しい3D表示。

iPadを縦に使うと、その素晴らしさを痛感できる。

暫く走行している際は3Dで遠くまで表示しているが、交差点が近づくとなめらかに俯瞰表示になり、ググっとアップになる。右折や左折も表示がなめらかで、ため息が出る。

少し性能を見るために、イタズラにルートを外れても、スグにリアルタイムに修正してくれる。
ちょっとビビったのは、まっすぐ行こうと思っていた道路をいきなり左折しろって言うもんだから、逆らって直進すると、自分が侵入したかった自動車専用道への侵入ルートが、実はその直進ルートにはなかったのだ。一方通行や効率の良いルートをちゃんと拾っている気がする。

そして、その自動車専用道路の脇にある小さな一方通行のルートへと再ルート案内をしながら、ものすごい細かい脇道を、寸分の狂いもなくマッピングして案内し、ちゃんと専用道路まで導いてくれたのだ。


ここで書いていることは、通常販売されているカーナビの最新版であればあたり前のことだと思うが、それをアメリカの企業が、日本の地方の細かな道路にさえ適用させているわけで、驚き以外のナニモノでもなかったのだ。

まだまだ未完成のマップ。

しかし恐ろしいほどの可能性を感じる。
しかもクラウド。
進化は常にリアルタイムで進行するのだ。


申し訳ないが、世の中にあるカーナビの寿命も時間の問題である。
そして、1年後、誰もAppleのデバイスでGoogle Mapなんて使ってないだろう。

それだけ衝撃的なアプリなのだ。


ナビゲーションを使って初めて気がついた。
Appleは地図が欲しかったんじゃない。
人が「動く」ところに、常に「iPhone」や「iPad」の存在を定義付けたいのだ。

これからの「マップ」の進化は恐ろしいことになると思うよ。
数年後、誰も場所を入力してルートを検索することはなくなるだろう。

Appleには「Siri」がある。

Appleがマップを導入したことによる「革命」は、まだ始まってもいないはずだ。


全 6 件中 1 ~ 3 件目を表示 1 2 次の3件 »


お問合わせ・お見積もりはこちら

お問い合わせフォーム

メーラーを起動する

電話番号 052-522-4410

ご利用ガイド

  • 初めての方へ
  • お支払い方法
  • ご利用方法


サイト内検索

インフォメーション



▲PAGETOP