嗜好品

2018年3月22日  |  投稿 : 佐竹知善

先日韓国で冬季オリンピックがあり、日本人選手がすばらしい成績を収めました。そして2020年、ここ日本でも東京オリンピックが開催されます。開催が決まったのはいいですが、その後もロゴの盗作問題があったり、開催施設等の確保など問題が起きました。また、飲食店や愛煙家にも思わぬ向い風がやってきています。


オリンピック開催までに喫煙所の撤去、飲食店での禁煙(例外有)という議題が挙がっています。実際渋谷ハチ公前の喫煙所は改装した直後にも関わらず撤去されてしまいました。居酒屋などでは、酒、おつまみ、タバコ、サラリーマンという絵になる形がありますが、禁煙に向かっていく方向です。タバコ業界、飲食店業界にとっては大きな打撃になります。愛煙家はますます肩身が狭くなっていくでしょう。


事あるごとにタバコが槍玉に挙げられる理由はズバリ、悲しいことに吸う人の喫煙マナーです。歩きタバコや、ポイ捨て、禁煙区域での喫煙など様々な問題がありますが、こうした一部のマナーを守れない人たちのせいで肩身が狭くなっていくのです。それはタバコだけに限ったことではありませんが。。


当社は撮影スタジオなのであまりタバコとは関係はありませんが、以前の撮影でタバコを小道具として使用したことがありました。自分が知っている中でタバコを使用した撮影は後にも先にもその時だけでしたが、昔の時代はもっとタバコやパイプなどの撮影があったのかもしれません。タバコはお酒など同じ嗜好品の1種です。簡単な話ではないですが、マナーを守れば必ず寛容にはなる。自分はそう思います。

色々問題はありますが、百害あって一利なしというように、吸わないことに越したことはありませんね。


コメント

投稿

名前  
メールアドレス  
URL  
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

トラックバック

URL

お問合わせ・お見積もりはこちら

お問い合わせフォーム

メーラーを起動する

電話番号 052-522-4410

ご利用ガイド

  • 初めての方へ
  • お支払い方法
  • ご利用方法


サイト内検索

インフォメーション



▲PAGETOP