衣料の撮影

2011年6月22日  |  投稿 : 門田賢二

衣料の撮影と言ってもいろいろな撮影方法があります。

モデルだったり、置き撮影だったり、トルソーやマネキンに着せてたり
置き撮影の中でも平置きにして撮影したりハンガーで吊るしたり、畳んだ状態で撮影したり、、、


今回はその中でハンガーでの撮影について書こうと思います。



これ何かわかりますか?


元は1枚のロール状になっている綿なんですが、
何故このような形になっているかというと服の前身頃の形に合わせて切ってあるんです。

これを服の中に入れて立体的に見せたり、服にドレープを付けたり
細かなシワが目立たない様に見せる為にいれます。

例えばこんな感じになったり


パンツだとこんな感じ


全ての服の撮影に綿を使う訳では無いですし、撮影方法によっては綿の代わりに薄い紙を使ったりします。

綿を詰めた服を壁に貼付けて色々手を加えると上のような感じになります。

服をただ置いただけでは服を綺麗に見せる事は出来ないんですよ。


コメント

投稿

名前  
メールアドレス  
URL  
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

トラックバック

URL

お問合わせ・お見積もりはこちら

お問い合わせフォーム

メーラーを起動する

電話番号 052-522-4410

ご利用ガイド

  • 初めての方へ
  • お支払い方法
  • ご利用方法


サイト内検索

インフォメーション



▲PAGETOP