皆さん数年前から話題の「プロジェクションマッピング」はご存知かと思います。すごい見物客で中止に追い込まれた東京駅や、最近ではディズニーランドのシンデレラ城(自分的にはマッピングとちゃうやーん思てます。)とかありますが、とかく「ビックプロジェクト」と思っている人が多いのではないでしょうか。

ですが、最近ではモーショングラフィックのような感じで顔にマッピングしたりというコンパクトな進化型もTVとかで話題になりました。

でもやはり「人の生活に溶け込む」「サービスの一貫」として発展するのが望ましいと思っていた所、こんなステキな映像をFacebookの友人を通じて知りました。



なんてステキなサプライズでしょうか。

普通は食事の前の時間はお喋りとか人それぞれリラックスしながら料理が出てくるまで過ごすわけですが、こういった何気ないプロジェクションマッピングは素晴らしいですよね。アイデアの賜物だと思います。

ご友人曰く、お皿のプロジェクションマッピングは日本橋の「COREDO 室町」で今年春に開催された「食べるアート展 L’art de Rosanjin ―魯山人と新・美食倶楽部―」ってのが元祖らしいのですが、こうやって食事などの何気ない時間に浸透していくのってステキですねぇ。

これなら何となく街の料理屋さんでも手が届きそうな気がしますものね。

こういった面白いプロジェクト、やりたいなぁっていつも思っております☆


全 1 件中 1 ~ 1 件目を表示


お問合わせ・お見積もりはこちら

お問い合わせフォーム

メーラーを起動する

電話番号 052-522-4410

ご利用ガイド

  • 初めての方へ
  • お支払い方法
  • ご利用方法


サイト内検索

インフォメーション



▲PAGETOP