残暑お見舞い申し上げます。
東京営業所の渡邊です。

東京営業所の方もだいぶ落ち着きまして、ボチボチお客様のもとへご訪問を始めております。

さて、本日夕方、Facebookを見ておりまして、興味のあるイベントが今夜あることを偶然にも発見し、突然ですがお邪魔することにしました。全く違うカテゴリ、違う職種、知らない技術、要するに完全アウェーで突然飛び込んできました。

バーチャルからリアルへ。映像表現はここまできた!!


Projection Mapping...

日本では聞きなれない言葉です。
映像?コンピュータグラフィックス?

キーワードは“Projection”、つまり「プロジェクター」です。

まずはこちらをご覧ください。

SEIKEI 3D PROJECTION MAPPING[OFFICIAL]

プロジェクターを使ってマッピングをする。。。つまり、建物などにプロジェクターで映像を投影するのですが、建物というリアルに映像を組み合わせることで、バーチャル体験を実現する新しい技術のことです。

有名なところではフロリダのディズニーランドのショーです。


今までは光の投影でイルミネーションとして作り上げていましたが、映像を投影することで、よりバーチャルな体験ができるようになります。

日本ではクリエイターが育っていないことと、巨大な映像広告への法規制などで中々進んでいないそうですが、最近での有名どころでは「東京スカイツリー」があります。


そして、最も新しいものでは今月京都の二条城で行われた「京の七夕」があります。


今日のセミナー内でお聞きしてわかったことは、建物のCADから3DCGを描き起こし、3Dマッピングした情報を映像クリエーターに投げ、3Dを意識しながら映像制作を行います。

出来上がった映像を高画質なプロジェクターで建物に投影し、専用のソフトウェアで位置合わせを行いながらマッピングを行なっていくので、いわゆる「プログラミング」そのもののようです。

結局はクリエイターのセンスが問われてくるのと、プロジェクターでの投影による調整テクニックというか、経験値が必要となってくるため、海外では専用のイベントや大会も開かれているくらいだそうです。

映像クリエイターなら作れるわけではなく、緻密な計算のもとに「プロジェクト」として成り立たせる必要がありそうです。

アーティストのライブでは古くから多用されてきていて、近年ではPerfumeなどがライブで披露しているそうです。

圧巻なのはこちらのHYUNDAIのプレミアムイベント。


日本では到底不可能ではないかと思うくらい、驚くべき表現力です。


実は、Projection Mapping自体は結構シンプルにつくり上げることが出来るらしく、プロジェクターと3万くらいのソフトウェアがあれば結構面白いことが小さくでも作れるらしく、ホームパーティーなどで披露すれば一躍人気者になるのでは無いかと思ったくらいです。

あ、ブライダルイベントなどでも使えるかもしれないですね。

全く新しい技術と言うよりは、コスト削減と複数のアイデアを組み合わせて生まれたような技術、「Projection Mapping」

良い経験となりました☆




おぼーん

2012年8月17日  |  投稿 : 管理人

社会人になって初めてのお盆をすごしました。
毎年家族で二泊三日のキャンプに行っているのですが、今年は仕事の関係で僕だけ一泊二日。。。

それでも、羽を伸ばそうと思いキャンプに行ったわけですが、
なんと、キャンプに行った岐阜は大雨。
しかも二日連続で。。。

川は泳いだら死ぬなっていうぐらい流れが早かったです。
おそらく、30cm以上増水したと思います。

結局、何もできずバンガローで寂しくトランプをして、二日を過ごし自宅に帰りました。
特に何もないお盆を過ごした安藤でした。


オリンピック

2012年8月14日  |  投稿 : 管理人

オリンピックも終わりました。
ロンドンとの時差にも負けずにどきどき真夜中に見てました。

陸上競技の短距離走でカメラが選手の真横に同じ速度で走っているのをみました。
二本のレールの上をカメラが動いているのですが、昔はどんな感じでカメラが動いていたのか気になりました。
固定で撮影していたのか、パンしていたのか人力だったのか…
どれにしてもこれからどんな演出になるのか、将来が楽しみです。


そして、女子サッカーの躍進は凄いの一言ですね。
結果は銀メダルでした。が、全力を出して闘った後で、選手の顔の笑顔をみて結果の関係なしに嬉しい気持ちになりますね。

他にもアーチェリーや男子レスリングなどニュースで聞いた通り、沢山
のメダルで盛り上がってますね。
リオデジャネイロでは沢山の金メダルをとって欲しいですね。


全 4 件中 1 ~ 3 件目を表示 1 2 次の1件 »


お問合わせ・お見積もりはこちら

お問い合わせフォーム

メーラーを起動する

電話番号 052-522-4410

ご利用ガイド

  • 初めての方へ
  • お支払い方法
  • ご利用方法


サイト内検索

インフォメーション



▲PAGETOP